Amazon・楽天で本当に買ってよかったもの

皆さん、お洒落な衣装と独特な世界観が面白い映画に飢えてませんか?

 

まさき

芸術の秋ですなぁ〜

 

どうもどうも、まさき(@masakimoi1)です。

 

僕は昔から

  • お洒落な衣装がドーン!
  • 独特な世界観がバーン!
な映画が好きでして、そういった映画を観るとすごく幸せな気持ちでいっぱいになります。

 

そこで今回は、『お洒落な衣装と独特な世界観が面白い映画』をご紹介。

 

他にもお洒落な映画や世界観がすごい映画など多々ありますが、とりあえず書いてて思い出した映画を優先的に紹介していきます。

 

こんな人にオススメ!
■ファッション好き
■お洒落な衣装を着た映画を探している
■独特な世界観に浸かりたい
■観てて美しい映画に出会いたい

 

※合わせてイッキ読み!

映像表現が面白い!演出や展開が思わず観ててクセになる映画

映像表現が面白い!演出や展開が“思わず観ててクセになる”映画

どんでん返しの展開が面白い!2010年代のおすすめ映画8選

どんでん返しの展開が面白い!2010年代のおすすめ映画8選

元柏まさき、「渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保2018-19」1次審査通過!

【告知】「渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保2018-19」1次審査通過しました

①パイレーツ・ロック

(引用元:映画『パイレーツ・ロック』DVD 予告編 – YouTube)

 

『パイレーツ・ロック』は2009年のイギリス・ドイツ映画。

1966年のイギリスが舞台となっており、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、それを規制しようとする政府の攻防を描いたコメディー映画です。

 

ローリング・ストーンズやザ・フー、ビーチ・ボーイズなど、往年の名ロックアーティストの名曲がとにかく流れるのも魅力的ですが、主演俳優たちのファッションもカッコいい!

 

ロックの教科書としてもGOODな作品だと思います。

 

きっと観てて「あ!この曲聴いたことある!!」ということが、何度も起こると思いますよ〜。

 

ビル・ナイやフィリップ・シーモア・ホフマン、ニック・フロストなど、最高な俳優陣がズラリ出演してるのもナイスです。

 

 

②ネオン・デーモン

(引用元:『ネオン・デーモン』本予告 – YouTube)

 

『ネオン・デーモン』は2016年のサイコホラー映画。『ドライブ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督とエル・ファニングが主役だってもんだから、

期待に期待してレイトショーで観た記憶があります。

 

内容は正直「う〜〜〜〜ん……」て感じでしたが、とにかくエル・ファニングを始めとした主演俳優たちのファッションが美しい!!

 

映像美にフォーカスを当てるとしたら、とても怪しくエキゾチックで、お洒落で美しい。

 

またエル・ファニングの美白の身体がもう…

まさき

すんばらしい

 

 

③グランド・ブダペスト・ホテル

(引用元:映画『グランド・ブダペスト・ホテル』予告編 – YouTube)

 

『グランド・ブダペスト・ホテル』はドイツ・アメリカの合作映画。

 

『ダージリン急行』などのウェス・アンダーソン監督の作品で、高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、彼を慕っているベルボーイが繰り広げる冒険を描いています。

 

2015年のアカデミー賞・衣装デザイン賞や美術賞を始め、数々の賞を取った作品なので、もう最初の数分から楽しさMAX。

 

衣装もお洒落ながら、「THE・ウェス・アンダーソンワールド」な世界観も必見。とにかく美しいです。

 

まさき

まるで絵本を読んでいるかのような感覚に陥ります

 

 

④ザ・フォール/落下の王国

(引用元:映画「落下の王国」予告 – YouTube)

 

『落下の王国』は、インド・イギリス・アメリカの合作映画。

 

大怪我を負ったスタントマンが自分の目的のため、好奇心旺盛な少女に思いつきの物語を話し始める話なのですが

まさき

その物語の映像美が、まぁ美しい!!

 

着てる服から世界観まで、全てが美しい。これほどまでに美しい作品はなかなか無いんじゃないかな?って思うくらいです。

 

 

⑤Dr.パルナサスの鏡

(引用元:『Dr.パルナサスの鏡』予告編 – YouTube)

 

『Dr.パルナサスの鏡』は、2009年公開のファンタジー映画。

 

ヒース・レジャー未完の遺作であり、その未撮影部分をジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継いだ作品としても話題な作品です。

 

ファンタジー作品なので、その世界観は複雑かつ美しい。

パルナサス博士が持つ鏡の中の出入りするシーンや、鏡の中の世界は観てるだけでもとてもワクワクします。

 

ただ個人的には、ヒース・レジャーのみでの作品として観たかった…。

 

 

⑥時計じかけのオレンジ


時計じかけのオレンジ

 

『時計じかけのオレンジ』は、1962年発表の小説家アンソニー・バージェスによる小説を原作とし、1971年にスタンリー・キューブリック監督によって公開された映画。

 

カルト的な人気で今もなお熱いファンが多く、僕らみたいなゆとり世代にとっても観てて「すげえ…」と思わせてくれる名作です。

 

ストーリーは一概に「面白い」という一言ではまとめられないのですが、その世界観、衣装はとても独特で観る人を惹きつけて離しません。

 

作中で主演のマルコム・マクダウェルが目ん玉を金具で抑えられるシーンなんて特に有名ですが、このシーンで目ん玉を怪我したなんて説もあったり、とにかく裏話もすごい。

 

結構バイオレンスなシーンもありますが、とにかく他の映画と一線を画する名作なので要チェックですぞ。

 

まとめ

 

「もっと映画が観たい!」という人は、毎月名作からニッチな作品まで見放題の「Amazonプライム・ビデオ」がめっちゃ便利です。

 

無料お試し期間もあり、月額も最低325円で見放題と破格です。

 

PCやスマホアプリ等、デバイスを問わずにストリーミング再生&ダウンロード再生ができるので、移動中とか電波がない場所でも観ることができますよ。

 

▼▼▼詳しくはコチラ(Amazonプライムにとびます)▼▼▼

「Amazonプライム・ビデオ」詳細&無料登録はコチラ