完全にスカしているYouTubeはコチラ

どんでん返しの展開が面白い!2010年代のおすすめ映画8選

 

まさき

展開が面白い映画、探していませんか?

 

どうも、絶賛熱にうなされている映画大好きな男、まさき(@masakimoi1)です。

皆さんも・体調管理・お大事に。(五七五風に仕上げてみました)

 

冒頭にも言いましたが、皆さんの中で「展開が面白い映画」を探してはいませんでしょうか?

 

展開が面白い映画って飽きる事がないし、「この後どうやって話が終わるんだ!?」ってドキドキハラハラする気持ちになりますよね。

 

僕は快感追求型のドMなので、どんでん返し系とか伏線バリバリ回収系など、展開が面白い映画フェチなんです。

 

そこで今回は、映画出演もある僕が選ぶ「どんでん返しの展開が面白い2010年代のおすすめ映画8選」をご紹介します!

 

まさき

2010年代なので、映像も綺麗だしテンポ感や作品時間も観やすい作品だと思います!

 

なお、ここで紹介する映画のうち何本かは「Amazonプライム・ビデオ」無料視聴することもできます!

 

いつ無料配信が終わってしまうか分からないので、観たいと思える作品があれば「Amazonプライム・ビデオ」での視聴もオススメです!

 

>>>Amazonプライム・ビデオの詳細&登録はコチラ<<<

こんな人にオススメ
■映画が好き!
■展開がすごい映画に出会いたい!
■バッドエンドが好き…!
■伏線張ってから一気に回収する映画が好き!
■無料視聴できる映画が好き!

 

※合わせて読みたい

映像表現が面白い!演出や展開が“思わず観ててクセになる”映画

[リミット](2010年)

映画『[リミット]』予告編 – YouTube

 

『[リミット]』は2010年公開のスペイン映画。

何者かに棺(ひつぎ)の中へ入れられ、そのまま地中に生き埋めにされた主人公が、手元にある道具だけを頼りに脱出を試みるワン・シチュエーション・スリラーです。

 

この映画、とにかく…

まさき

観ててすんごい息苦しい……

 

この作品、ぶっちゃけると“ず〜〜〜〜〜っとひつぎの中”です。

これほど同じ場面だけで描く作品、滅多にないと思います。

多分、閉所恐怖症の人は観続けるの無理だと思います。

 

そしてクライマックスは超驚きの展開に…。おっとこれ以上は言えませんな…。

 

こんな人にオススメ
■一人で映画鑑賞
■閉所の恐怖を体験したい
■終始ドキドキハラハラしたい

 

鑑定士と顔のない依頼人(2013年)

『鑑定士と顔のない依頼人』予告編 – YouTube

 

『鑑定士と顔のない依頼人』は2013年公開の恋愛&ミステリー映画。

 

監督・脚本は超有名大作『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ。

 

そして主演は『シャイン』『パイレーツオブカリビアン』シリーズ(バルボッサ役)『英国王のスピーチ』などに出演したジェフリー・ラッシュ。

 

まさき

もう監督と主演聞いただけで面白いってわかるわwww

って人。そうなんです、めっちゃ面白いんです。

 

ジェフリー・ラッシュ演じる天才鑑定士が、姿を決して見せない女性からの鑑定依頼に翻弄(ほんろう)されていく様を描いた作品なのですが、

 

最後、伏線を一気に回収していきます。

物凄く緻密に作られた作品です、これ。

 

結末は言いませんが、この伏線の回収具合には観てて“気持ち良さ”すら感じます!

 

ジェフリー・ラッシュ演じる天才鑑定士が翻弄された末に行き着く結末とは、果たして…。

 

ちなみに『鑑定士と顔のない依頼人』、執筆日時点では「Amazonプライム・ビデオ」での無料視聴が可能です。

 

こんな良い意味で“ヤバい”作品を無料視聴できるとは、すごい時代になったもんだな。

 

こんな人にオススメ
■伏線回収大好きな人
■『ニュー・シネマ・パラダイス』好きな人
■ジェフリー・ラッシュが翻弄されるところが観たい人
■美術・芸術などが好きな人

 

アバウト・タイム(2013年)

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜【予告篇】 – YouTube

 

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は2013年公開のイギリス、アメリカ合衆国合作によるSF恋愛映画。

 

世界的に大ヒットを記録した『ラブ・アクチュリー』で長編監督デビューをはたした、リチャード・カーティス監督の作品です。

 

内容はタイムスリップの能力を得た主人公が、意中の女性との関係をより良い方向にしていこうと模索する物語ではあるのですが、

 

まさき

ベタな恋愛作品ではないところがめっちゃ面白い

 

物語の途中から、主人公や意中の女性だけでなく、その周りにいる恋人、友人、家族という、かけがえのない人たちへの愛や幸せに焦点が当たっていきます。

 

この作品に出ている主要キャラクター全てが主役と言って良いかも。

 

また、よくあるタイムスリップ物とも一線を画する、どんでん返しとは行かずとも美しい展開を成す作品です。

 

ちなみに主人公の父親役は、『パイレーツオブカリビアン』シリーズで強敵デイビー・ジョーンズ役を務めたビル・ナイ。

 

このビル・ナイが、めっちゃ良い芝居をするのよ!ほんと観て欲しい!!

 

ちなみに『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』も執筆時点において、「Amazonプライム・ビデオ」での無料視聴が可能です。

 

こんな人にオススメ
■普通の恋愛ものに飽きた人
■美しい話で面白い展開を求めている人
■とにかく感動したい人
■最近、感動の涙を流していない人

 

恋の渦(2013年)

恋の渦 予告 – YouTube

 

まさき

ここで邦画もご紹介

 

『恋の渦』は、演劇ユニット・ポツドールによる日本の演劇作品を原作とした2013年公開の映画。

 

『モテキ』などで知られる大根仁監督がメガホンを取った作品で、低予算・撮影日4日ながらめちゃくちゃ人気になった名作です。

 

合コンをキッカケに集まった9人の男女が、嘘と本音をぶつけ合う物語なんですが、

まさき

これがめちゃくちゃ面白いのよ!!!

 

そこの男とそこの女がそういう関係で、でも実はそっちの女があっちの男とこうなってて…

 

てな感じに、狭いコミュニティの中で9人の関係がどうなっているのかが物凄く丁寧&コミカルに描かれています!

 

思わず映画を観ながら

まさき

いやそういう展開かよwwwおもしろwww

とツッコミながら楽しめる名作ですぞ!

 

ちなみに『恋の渦』も執筆時点では「Amazonプライム・ビデオ」での無料視聴が可能です。

凄すぎだろAmazonプライム。

 

こんな人にオススメ
■邦画の恋愛コメディ好きな人
■面白くもドロドロした恋愛を覗きたい人
■狭い世界観で物語が移りゆく作品が好きな人

 

ピエロがお前を嘲笑う(2014年)

映画『ピエロがお前を嘲笑う』予告編 – YouTube

 

『ピエロがお前を嘲笑う』は2014年に公開されたドイツのサスペンス映画。

 

予告でも謳われてるように、映画全体を覆す程のトリックや結末が用意されている“マインドファック・ムービー”でもあります。

 

今まで紹介してきた作品は物語の途中やクライマックスで大幅な展開を魅せる作品ですが、

『ピエロがお前を嘲笑う』は物語全体が“どんでん返し”。

最後の最後まで集中力が切れない、緊張感のある作品です。

 

破壊行動を行うハッカー集団に加担した主人公の天才ハッカーが、どんどん危険な世界へとはまり込んでいくという物語ですが、

まさき

そのほとんどが真実かどうかはわかりません…

観た人のほとんどが「騙された!」と感じ、公開当時は話題に。なんとハリウッドでのリメイクも決まっているのだとか。

 

こんな人にオススメ
■大どんでん返を観たい人
■頭脳派のサスペンスを観たい人

 

ヘイトフル・エイト(2015年)

ヘイトフル・エイト 本予告 – YouTube

 

『ヘイトフル・エイト』は、猛吹雪の中の家屋に閉じ込められた8人が織りなす、密室劇のミステリー西武映画。

 

監督は『キル・ビル』や『レザボア・ドッグス』で有名なクエンティン・タランティーノ。

 

まさき

タランティーノと言ったら長セリフの会話劇と凄まじいアクション&バイオレンス!

 

物語は雪嵐のロッジの中に偶然閉じ込められた8人がいて、そこで殺人事件が発生!

 

そこから一気に嘘と嘘の応酬が始まり、物語は一気に予測もしない方向へ展開します。

 

ロッジの中に居合わせたこの8人、果たして本当に“偶然”なのか…。

 

クライマックスにはタランティーノの本領発揮とも言えるアクション&バイオレンスが盛りだくさんですよ!

 

こんな人にオススメ
■アクション好き!
■バイオレンス好き!
■密室系が好き!

■推理、駆け引きが好き!

 

ドント・ブリーズ(2016年)

映画 『ドント・ブリーズ』 予告 – YouTube

 

『ドント・ブリーズ』は2016年公開のホラー・スリラー映画。

 

「20年に1本の恐怖の作品!」と謳われている作品ですが、

まさき

20年どころじゃねぇえ!!!

てくらい怖い!!

 

いわゆる普通のホラー作品(幽霊とか怨霊・オカルト的類いがワァ〜って出てくる)とは違い、人間に対する恐怖がめっちゃにじみ出ている作品ですな。

 

物語は、目の見えない老人の家に若者3人が侵入して泥棒を働こうとするものの、返り討ちに遭い、果たして脱出できるのか!?というお話。

 

この作品のどういう展開が凄いかって言うと、「泥棒3人組と老人、どっちを応援すればいいのかわからなくなること」。

 

この老人、ただ目が見えないだけの老人ではないのです…。

かなり衝撃を受けます。

 

幽霊とかそういうテイストのホラーではないので、ホラー苦手な人も是非観て欲しい作品です。

※色んな意味でめっちゃ怖いです。

 

こんな人にオススメ
■人間の怖さを全身で感じたい人
■とにかく驚きたい人
■みんなで騒げる作品を探している人

 

ゲット・アウト(2017年)

『ゲット・アウト』予告編 – YouTube

 

『ゲット・アウト』は2017年にアメリカで公開されたホラー映画。

 

2018年のアカデミー賞・脚本賞を始め、様々なタイトルを受賞した当作。

 

これも『ドントブリーズ』同様、人の怖さがギンギンに出ているホラーです。

 

白人の彼女の実家を訪れた黒人の彼氏が、彼女の実家で様々な“不気味体験”をする恐怖を描いているんですけど、

まさき

何が目的なんだ!!!

まさき

何でそんなことをするんだ!?

まさき

何でこんなに不気味なんだ!!!

と、物語のクライマックスまでず〜〜〜っと不気味な展開が続きます。

 

そして全て謎が溶けた時、一気に恐怖が押し寄せてきます。

 

ぜひこの作品は、“2度”観て欲しいです!

2度目は実家に訪れて彼女の父が家を案内するところまででいいから!!!

その瞬間、一気に伏線が回収され「これ!こういうことだったのか!!!!」とめっちゃ驚きますから!!

 

ちなみに『ゲット・アウト』も執筆時点では「Amazonプライム・ビデオ」での無料視聴が可能です。

 

こんな人にオススメ
■人間の怖さを全身で感じたい人
■不気味な展開の謎を一緒に解いていきたい人
■作り込まれた伏線をじっくり味わいたい人

 

まとめ

 

最初にも触れましたが、僕もがっつり使っている「Amazonプライム・ビデオ」がめっちゃ便利なのでぜひ試してみてください。

 

無料お試し期間もありますし、上記で紹介したいくつかの作品は執筆時点では無料視聴が可能です。

 

PCやスマホアプリ等でもストリーミング再生&ダウンロード再生ができるので、移動中とか電波がない場所でも観ることができますよ。

 

無料期間が終わった後も月額325円で見放題なので、超オススメです!

 

▼▼▼詳しくはコチラ(Amazonプライムにとびます)▼▼▼

「Amazonプライム・ビデオ」詳細&無料登録はコチラ

※合わせて読みたい

映像表現が面白い!演出や展開が“思わず観ててクセになる”映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です