完全にスカしているYouTubeはコチラ

【Mac版】iPhoneの写真をUSBメモリに保存する超簡単な方法

 

おっすオラ俺、まさき(@masakimoi1)。

 

 

最近iPhonenの写真がパンパンに溜まってきてしまい、こりゃどうしたものかと考えていた所、ふと思ったんです。

 

まさき

アレ?iPhoneの写真って、Mac経由でUSBメモリにどうやって保存するんだっけ?

 

ってね。

 

単にiPhoneとUSBメモリをMacに繋げても、Finder上で移行することができないし、オンラインストレージにアップするにも時間がかかる。

 

また、iPhoneの写真をiPhotoとかのMac内のアプリで保存しても、Mac内の容量が増えてしまうのでイヤだ。

 

まさき

iPhoneの写真をなんとかしてUSBメモリに保存したいんじゃ!

 

ということで今回は、「【Mac版】iPhoneの写真をUSBメモリに保存する超簡単な方法」をご紹介します。

 

こんな人にオススメ
■iPhoneの写真をUSBメモリに移行したい
■iPhoneにもMacにも写真データを置いて置きたくない
■iPhoneとMacのデータをスッキリさせたい

 

 

【Mac版】iPhoneの写真をUSBメモリにサクッと保存!

 

コチラではMacを使用している人に向けた、iPhoneの写真をUSBメモリに保存する方法です。

 

用意するのは

■iPhone
■iPhone用USBケーブル
■Mac本体
■USBメモリ

です。

 

①USBメモリ内にあらかじめフォルダを作成しよう!

 

まさき

まずはじめに、Mac本体にiPhoneとUSBメモリを接続しておきましょう

 

その後Finderを開くと、「デバイス」の項目に外付けされたUSBメモリの項目が表示されます。

 

ちなみに僕が使っているUSBメモリは「東芝 TOSHIBA USBメモリ32GB」のものを使用しているので、「TOSHIBA」と表示されています。

 

 

そしてUSBメモリを選択した状態にし、その中にあらかじめフォルダを作成しておきましょう。

 

まさき

そうすることで、後々写真を整理しやすくなるぞ!

 

②Mac内にある「イメージキャプチャ」を起動!

 

下準備が終わったら、実際にiPhoneの写真をUSBメモリに移していきましょう!

 

ここで使用するのは、Mac内にデフォルトで入っている「イメージキャプチャ」です。コイツを起動しちゃってください。

 

 

まさき

ヤベェ、とうとうコイツを使う時がきたのか…!

 

③読み込み先をUSBメモリ内フォルダに指定!

 

「イメージキャプチャ」を起動すると、以下のような画面が開きます。

 

 

あらかじめiPhoneをMacに繋いでいれば、自然に自分のiPhone内にある写真・動画などが表示されます。

 

まさき

おぉ!すげえ!

 

そうしたら、次は画面下にある「読み込み先」に注目しましょう。

 

この「読み込み先」というのが、iPhoneの写真を保存する「保存先」になります。

 

そして、この「読み込み先」横にあるフォルダを選択。読み込み先フォルダを、先ほどUSBメモリ内で作成したフォルダに指定します。

 

④USBメモリに入れたい写真を選択!

 

まさき

あとはカンタン♪

 

ここまできたら、後はイメージキャプチャ内に表示されている自分のiPhoneの写真から、USBメモリに移したい写真・動画を選択。

 

そして画面右下にある「読み込む」ボタンをクリックすれば、USBメモリに保存されます!

 

 

「すべてを読み込む」をクリックすれば、iPhone内にある全ての写真・動画を保存できますよ!

 

⑤最後にちゃんと保存されているかチェック

 

念の為、ちゃんとUSBメモリにiPhoneの写真が保存されているかチェックしましょう。

 

「Finder」→「USBメモリ」→「USB内フォルダ」をクリックすると…

 

まさき

しっかり反映されている!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?この方法を使えば、iPhoneの写真をMac上に保存することなくUSBメモリに直接的に保存することができます。

 

なお、僕も使用している「東芝 TOSHIBA USBメモリ32GB」は値段が1000円台前半ながら32GBも入れられるので、ちょっとしたデータ保存に便利ですよ!