Amazon/楽天で本当に買って良かった物

【必見】MacBook Pro 16インチ(第9世代)の残念なデメリット3つ

 

まさき

どんなモノにもデメリットは存在するわけで。富良野は寒いわけで

 

ども、まさきです。

 

先日、MacBook Proの16インチを買いまして気が狂うほどに踊って騒いでいたのですが、個人的に残念だなと思った部分もあるわけでして…。

 

くっついてるのはANKERのUSB-Cハブ

 

そこで今回は

MacBook Pro 16インチ(第9世代)の残念なデメリット3つ

をご紹介します。

 

  • MacBook Pro 16インチを購入検討中
  • MacBook Pro 16インチのデメリットを知りたい
  • MacBook Pro 16インチの使ってみた感想を知りたい

 

そんな人にとって参考になれば幸いです。

 

MacBook Pro 16インチ(第9世代)の残念なデメリット①「WiFi 6」未対応

 

まさき

これが一番残念なデメリット!

 

ガジェットが進化していく中、当然WiFiのスペックも日々進化しているわけでして。

 

今の最新のWiFiは「WiFi 6」という規格になっています。

 

MEMO
正式名称は「IEEE 802.11ax」。6台目のWiFiの規格です。超わかりやすく言うと、正式名称わかりづらいから「WiFi 6」て名前で呼びましょうってなりました。

 

「WiFi 6」のメリットは、ザックリ簡単に言うとネットの速度の許容量が多くなるし、ネットの速さも今までより速くなる可能性が大いにあるということ。

 

その最新のWiFi 6の規格に、MacBook Pro 16インチは未対応なのです!!!なんでだよぉぉぉぉ!!!!!

 

新型のiPhone SEやiPhone11シリーズはWiFi 6対応なのに、なんでMacBook Proは…!!!

 

だからと言ってMacBook Pro 16インチのスペックがダメというわけでは当然なく、「WiFi 6」未対応でも十分に扱いやすいのですが、どうせなら「WiFi 6」対応であてほしかった…。

 

また、WiFi 6対応ルーターでもMacBook Pro 16インチは普通に使えますのでご安心を。

 

最近ではWiFi 6対応のWiFiルーターも続々出ており、僕がお世話になっているネットギアジャパンさんのルーターも「WiFi 6」対応となっています。

 

Orbi WiFi 6

 

「WiFi 6」「トライバンド」「メッシュWiFi」を兼ね揃えた最強WiFiルーター。戸建ての家族には超おすすめです。

 

デザイン性も高いのでインテリアを邪魔せず、無線でサテライトと繋げてかつメッシュWiFiなので、どこにいても快適で安定したネット環境を構築できます。

 

Nighthawk RAX200

 

こちらはゲーミングWiFiとしてもおすすめなWiFiルーター。「WiFi 6」「トライバンド」「メッシュWiFi」を兼ね揃えています。

 

見た目もカッコいいのが良いよね。

 

なおWiFi6など、最新のWiFi事情に関してはこちらの動画か「NETGEAR JAPANの公式YouTubeチャンネル」をチェックしてくださいな!

 

MacBook Pro 16インチ(第9世代)の残念なデメリット②重さが2kg。手提げカバンだと腕ちぎれる

 

やっぱノートPCにしては、MacBook Pro 16インチ、重いっす。2kgは結構ずっしりきますよ。

 

手提げのカバンとかで持ち運びするとしたら、長時間の場合だと腕もぎ取られます。絶対リュックが良いです。

 

ただ、ノートPCにしては重いけど、ノートPCにしてはディスプレイが大きくて使いやすいのも事実。

 

この大きさを持ち運べるというメリットを考えれば、重さは妥協できるかなと個人的には思います。

 

MacBook Pro 16インチ(第9世代)がすっぽり入るリュック・デイパック

 

ちなみにMacBook Pro 16インチがすっぽり入るリュック・デイパックはこんな感じ。参考になれば幸いです。

 

INCASE

 

Apple社公認のブランドで人気です。自分も昔デイパック持ってましたがスタイリッシュさとApple製品がすっぽり綺麗に入る収納性に感動したことを覚えています。

 

こちらは17インチのPCまで入るので、MacBook Pro 16インチも入ります。

 

 

こちらもINCASEのバッグ。「up to 17」と買いてあるから、多分17インチも入る?可愛いデザインなので念のため貼っておきます。

 

SUNOGE 

 

Amazonでベストセラーにもなっている「SUNOGE」のリュック。

 

大容量で防水加工・3wayができUSB充電ポートあり。マチ拡張・盗難防止もあれば15.6インチのPCも収納できるかなり実用性の高いリュクです。

 

値段も十分に安いので買う価値あります。

 

whwlfeng

 

whwlfengが取り扱うバッグ。手持ちもでき、大容量で値段も安い。MacBook Pro 16インチも入ります。

 

ただ、かなりのお値打ち価格である分、耐久性は実際にどうなのか怪しいところ。結構ハードにリュックを使用したい人にとっては試してみるのも良いかも。

 

MacBook Pro 16インチ(第9世代)の残念なデメリット③FaceTimeカメラがそのまま

 

アフターコロナというよりもウィズコロナとなってきた昨今。オンラインビデオ通話の需要はまだまだ増えてきそうだし、定着しそうでもあるわけでして。

 

そんな中、MacBook Pro 16インチのインカメ・FaceTimeは720Pのまま。進化していません…。

 

今後、もっとオンラインビデオツールが伸びていくであろう中で、これはちょっと残念。あまり使わないから気にはならないけどね。

 

まとめ:新型MacBook Proでデメリット解消しそう?

 

今回は3つほどMacBook Pro16インチのデメリットを挙げてみましたが、WiFi 6未対応以外はさほど気にはならないかなとも思っています。

 

もしかしたら新型MacBook Proで3つのデメリットが改善されるかもしれませんし、急ぎでない限りは秋頃まで待つのも良いかも。

 

とは言えこのMacBook Pro 16インチ。スペック的にもかなり良いので本当におすすめっす。

 

ブログランキング参加中!参考になったらポチってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です