Amazon・楽天で本当に買ってよかったもの

はやり目(結膜炎)で目が真っ赤!目やにと熱に悩み、病院で治療した奮闘記

まさき

どうも、元柏まさきです

それは突然のことでした。

 

僕は目(正確には白目)が真っ赤に充血し、目も開くのがやっとなくらい腫れているような症状に陥ってしまいました。

 

結論から言うと、

「はやり目」(流行性角結膜炎:りゅうこうせいかくけつまくえん)

 

になってしまったのです。

 

原因はアデノウイルスという細菌による感染症。

 

どういう症状かより詳しく説明すると、

  • 目は傷だらけになり
  • 白目は充血し真っ赤になり
  • 目やにで視界もボヤけ
  • リンパ腺も腫れ
  • 発熱も起きる
という、負の連続コンボ攻撃を食らっている状態…。

 

とにかく視界が不明瞭でストレスフルな状態になってしまったのです。

 

最悪の場合、角膜炎にもなり得るという状況の中、かなりビビりながらも「良くなれ良くなれ」と祈る毎日でした。

 

ちなみに執筆現在は、ほぼ完治となっています。ですが、人によっては完治までに1ヶ月くらいかかる場合もあるのだそう…。

 

ということで今回は、

  1. 目が赤くなってきた時の症状の変化
  2. はやり目とわかるまでの目の症状
  3. 眼科での治療と目薬(点眼液)での治療
を、奮闘記としてつづっていこうかなと思います。

 

まさき

少しでも似たような症状で悩んでいる人の気持ちを楽にできたら幸いです!
こんな人に読んでほしい
■目が真っ赤になってしまった
■充血してて痛い
■目やにがかなり出てる
■目が痛い
■はやり目(流行性角結膜炎)にかかってしまった

第1章:白目が真っ赤に…はやり目(流行性角結膜炎)の始まり

まさき

それは2018年のこと

 

2018年の年末あたりから「あれ、目がゴロゴロするなぁ〜」なんて思っていました。

 

その日はずっと右目にゴロゴロした違和感があり、お昼時には右目の白目が真っ赤に。

 

 

まさき

結構白目の部分が赤いし痛いな…

 

この時僕は2週間用のソフトコンタクトレンズを“2週間過ぎた状態”で装着していたので(ダメ絶対)、その影響であると軽く思っていたのです。

 

さらにこの日はメガネを忘れてしまい、コンタクトをとると視力が0,01くらいになってしまうため、

 

少し目が痛いのを我慢しながらコンタクトを付けっぱなしにしていました。

 

それにまだ左目は綺麗。

 

まさき

大丈夫だ、問題ない(エルシャダイ風)

 

 

そう、その時までは…。

 

第2章:夜にはとうとう両目が真っ赤に…結膜炎を発症

 

しかし、時間が経つに連れて目がだんだんと痛くなり、夜には左目の白目も真っ赤に…!

 

まさき

写真は凄く調子に乗ってるが、実際はこの時目はツラい

 

目やにや涙もたくさん出始めて、

  • 目やにを取りたくても取れない
  • 涙を拭きたくても目の付近を触ると悪化しそうで怖い
  • まぶたの裏側がゴロゴロしてて痛い
という状態になってしまいました。

第3章:次の日、さらに悪化

 

はやり目(まだこの時は分かっていない)が発症した間は旅先だったので、翌日もメガネはナシ。

 

我慢してコンタクトを装着して過ごしていました。

 

まさき

この判断が、さらに目を傷つけてしまうことに…

 

夜にはもう、完全に両目が真っ赤っか。なんかもう「ウォーキング・デッド」の感染症にかかった時みたいな面構えになってしまいました。

 

 

あまりにも痛すぎるので、帰宅してから速攻でコンタクトレンズを外し、その日は就寝しました。

 

第4章:眼科で診察…はやり目1日目

 

次の日の朝、鏡を見たらとんでもないことに…。

 

まさき

目が…目がぁぁああ!!!

 

普段の目はこんな感じ。全然違う…!!

 

 

記事上ではこんな感じに明るく書いていますが、実際は超パニック。

 

視界も霞んで見えて「これはマジでヤバイ」と思い、すぐさま眼科で診て貰うことにしました。


眼科に着いて、事情を説明し、いざ診察。

 

まさき

すいません。白目が真っ赤になって、目やにが止まらないです
なんか、そうなってしまった原因とか、思い当たる事ある?

医者

まさき

あ、2週間用のコンタクトを2週間以上つけてまして…
アウト!

医者

 

まず2週間用のコンタクトをそれ以上つけていたことに関して、まぁまぁの圧力で強めに叱られました。装着期限は守るべき!

 

そして…、

 

それが原因というよりも、あれだね、おそらくコレ、はやり目だね

医者

まさき

は、はやり目…?
説明しよう!
はやり目・流行性角結膜炎は、アデノウイルスというウイルスの感染が原因となる病気です。

感染すると、5日~2週間の潜伏期間の後、「さらさらした目やにが出る」、「涙が出る」、「まぶしい」などの症状が現れます。

まぶたは腫れ、結膜はむくみ、充血がみられるようになります。
そして、発症1週間頃から角膜に点状の濁りが現れることがあります。

目の症状以外にも、耳前リンパ節の腫れ・圧痛が特徴的な症状としてみられます。(引用元:流行性角結膜炎[はやり目|千寿製薬)

流行性角結膜炎。ウイルス性だろうから最悪1ヶ月くらいは症状出るかもよ

医者

まさき

1ヶ月!!??

 

最悪の場合1ヶ月も長引くとは、なんという恐ろしさ…。

 

原因は使用期限の過ぎたコンタクトというよりも、アデノウイルスが目に感染し発症したということでした。

 

もちろん、使用期限過ぎたコンタクトによって角膜が傷ついてしまっていたから、それがさらに悪い影響を与えていたということもあったでしょう。

 

はやり目2日目

まさき

ここからさらに目の痛みとは別の地獄が始まった…

 

はやり目と診断された翌日。目は相変わらず真っ赤っか…。

 

 

病院では

  • レボフロキサシン点眼薬・クラビット
  • ステロイドが含まれた点眼薬・リンデロン
という2つの点眼薬(目薬)を処方されました。

 

 

それを1日に数回点眼し、悪化予防・角膜炎への予防をするのですが、点眼すると…

 

まさき

あ”あ”あ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”!!!!
いでぇ”ぇ”え”!!!

 

目ん玉が染みるのなんの!!痛すぎる…!

 

こんな毎日を繰り返すこととなると、心身共にヤられるわ…。

 

はやり目3日目

まさき

3日目も症状は最悪

 

 

起きるたびに、

  1. 固まった目やにがたくさん発生する
  2. それを取ろうとするにも目の近くなので痛い
  3. ゴロゴロ固まった目やにがまぶたの裏側で擦れ、より結膜が痛い
という苦しい朝を迎えていました。

 

 

そしてはやり目は、結膜炎だけではなく“もう一つの苦しみ”を生み出すのです…。

 

まさき

それは、発熱

 

アデノウイルスの影響によりリンパ腺が腫れ、発熱を起こすというWパンチを食らいました。

 

気分はもう「ウォーキング・デッド」の感染症にかかったグレンのよう。

 

まさき

瞬きするごとにまぶたの裏がゴロゴロするし、熱も出て何もできない!!

 

はやり目4日目〜6日目

 

4日目以降は、ひたすら

  • 目やに
  • 目自体の痛み
  • 発熱
  • 気だるさ
に悩まされる日々。アデノウイルスは感染するので外出することもできず、ひたすら家で休むハメになりました。

 

まさき

何もできない日が3日間くらい続きました…

はやり目7日目以降から、少し回復

 

かなり酷い症状のままだったのですが、7日目以降からうっすら白目が復活!

 

 

再び眼科に行ったところ、

もう少しで外出OK。ただし人との接触やこすった目で色々触らないでね

医者

と忠告を受けました。

 

まさき

やった…。外出できるだけでも嬉しい…!

 

第5章:はやり目、回復へ

まさき

そして更に数日後、かなり白目が戻ってきた!

 

 

眼科のお医者さんからも外出OKをいただき、無事に映画祭にも出席することができました!!

 

見た目はインチキくさい先生みたいな面構えになってるけどねwww

 

 

現在は良好!

 

そして執筆現在、はやり目の痛みや目の赤み、アデノウイルスからくる発熱はすっかり治りました!

 

目やにはまだ少しだけ出るので、点眼薬は続けて使用中。コンタクトの装着はしばらくは控えようと思います。

 

はやり目(アデノウイルス)にかからないようにするには?

 

では一体なぜはやり目にかかってしまったのか…。眼科の先生に寄れば、他人からの感染である確率が大きいとのことでした。

 

確かに発症するまでの期間、いろんな場所でいろんな人に会ってたからな…。怖いもんですわ。

 

まさき

では、今後はやり目にかからないようにするにはどうすれば良いのだろう??

 

てことで、ネットで調べていたところ、千寿製薬によれば

アデノウイルスは、伝染性が非常に高いウイルスで、主に手を介して伝染します。

との記述が。


そして注意点としては

  1. 手で目をこすらない
  2. 患者との手や顔を拭くタオルを分ける
  3. 帰宅したらよく手を洗う
  4. 目を手やタオルで拭かない
  5. ティッシュペーパーなどの使い捨てのもので目や手を拭く
  6. 風呂は患者が最後に入る
が挙げられています。

 

まさき

とにかく手洗いが大事!むやみに目を手で擦らない事ですな!

 

コンタクトの装着は“使用期限”を厳守!

 

はやり目と直接的な因果関係があるとは言えませんが、流行性角結膜炎というかなりツライ目の病気に初めてかかってから、

 

コンタクトの装着は“使用期限”を厳守しようと心に決めました。

 

僕みたいな人間はホント…痛い目をみないとわからないんだな…。

 

「自分は大丈夫」という謎の過信が、こういう大変な結果に繋がってしまうのかもしれません。

 

皆さんも、もし僕と同じような気持ちでコンタクトの使用期限をスルーしていたら、一度考えてみてください。

 

大変な目にあう前に、しっかりと予防・対策しましょう。

 

まさき

この記事を通じて、少しでも似たような症状で悩んでいる人の気持ちを楽にできたら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です