Amazon/楽天で本当に買って良かった物

【レビュー】SONY α7Ⅲ × Tamron 17-28mm F/2.8(A046)の写真作例と使った感想

まさき

どうも、まさきです

 

結構前ですが、超広角レンズが必要・欲しかったのでTamron 17-28mm F/2.8(A046)を購入しました。

 

 

普段僕はSONY α7Ⅲのカメラを使っており、Tamronレンズも28mm-75mmも持っているので、タムロンレンズに抵抗はありませんでした。

 

 

そこで今回は、SONY α7ⅢとTamron 17-28mm F/2.8(A046)の写真作例と使った感想をご紹介。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

SONY α7Ⅲ × Tamron 17-28mm F/2.8(A046)の写真作例

 

まずはSONY α7Ⅲ × Tamron 17-28mm F/2.8(A046)の写真作例から。

 

 

まずは東京タワー。こちら17mmで撮影しています。

 

続いて縦で撮った東京タワー。

 

 

こんな真下で東京タワーを撮っても、塔の付け根から先端までスッポリ収まる…さすが17mm。

 

続いては二子玉川駅周辺と多摩川。

 

 

今まで自分が持ってた最短が28mmだったので、やはりここでも撮影した時「すご…」と思わず声に漏らしましたわ。笑

 

この3枚も17mmで撮影したのですが、やはり超広角は開放的な場所での撮影にピッタリですね。

 

実際に肌で感じた開放感を可能な限り写真に収められるのが、実に良い。

 

 

これなんかは荒川の土手沿いを何の気なしに撮影したのですが、荒川のだだっ広さと空の高さが自転車を漕ぐ人を対象にググッと伝わるかな〜なんて思っちゃったり。

 

この日もほんと気持ちよかったな〜。

 

ついでこちら。撮影スポットとしても定番の銀座・和光。

 

 

煌びやかな夜の銀材をこんなにも広々画角で収められるのは、撮ってて楽しいですね。

 

Tamron 17-28mm F/2.8(A046)然り、タムロン大三元レンズってサードパーティーレンズですが、本当に純正に負けないくらい綺麗に撮れますよね。

 

お財布事情が厳しい時はほんと役に立ちます。

 

 

こちらは千葉県安房郡鋸南町にあるプライベートサウナカフェ『ゆうみ Sauna Cafe』。

 

距離感の狭いサウナの室内・部屋でも、「ここまで画角に入れて撮りたい!」を叶えてくれるので助かりました。

 

超広角ならではの歪み(いうてタムロンレンズは湾曲収差がそれほどないのも優秀)を活かして、迫力ある写真も撮りやすく、撮影しててほんと楽しいですわ。

 

 

最後の写真はちょっと歪みすぎたかな。笑 でもオーシャンビューの大パノラマを伝えやすいのは、Tamron 17-28mm F/2.8(A046)の魅力ですね。

 

SONY α7Ⅲ × Tamron 17-28mm F/2.8(A046)を使ってみた感想|レビュー

 

結論、Tamron 17-28mm F/2.8(A046)は買ってよかったです。室内や景色の撮影をする機会が多く、YouTubeも室内で撮るので使い倒しています。

 

SONY α7Ⅲとの相性は言わずもがな。レンズも軽いので持ち運ぶことに億劫にならないのが最高。

 

ただフォーカスを合わせるのにやや時間がかかりやすいかな?という印象を受けました。

 

28-75mmよりもピントを合わせる時間が若干長く感じました。

 

まとめ

 

近々SONY α7Ⅳと70-200mmのGMレンズを買おうと思っていますが、純粋にカメラを楽しみたい人にとってはSONY α7Ⅲ × Tamron 17-28mm F/2.8(A046)はまだまだおすすめできるかなと思います。

 

少しでもカメラ生活の参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。