Amazon/楽天で本当に買って良かった物

【作例&レビュー】Kodak GOLD 200×Nikon F3で撮影。特徴と正直な感想【フィルムカメラ】

昨年秋のこと。

CURBONさん主催の「#私がつくるKodakポスター フォトコンテスト」にて応募した作品が入賞しました。

 

その副賞として35mmカラーネガフィルム『Kodak GOLD 200』を10本いただきました。

 

 

早速Kodak GOLD 200を愛用フィルムカメラ『Nikon F3』とレンズ『ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.4S』で使い倒しているわけですが、

 

この記事では

  1. Kodak GOLD 200の特徴
  2. Kodak GOLD 200×Nikon F3×Nikkor 50mm f/1.4Sの写真作例
  3. Kodak GOLD 200を使ってみた感想
をご紹介。

 

Kodak GOLD 200・Nikon F3・Nikkor 50mm f/1.4Sなどを買おうか迷っている、フィルムカメラに興味がある人にとって参考になれば幸いです。

Kodak GOLD 200の特徴

 

Kodak GOLD 200はフィルムメーカーKodak(コダック)から出されている35mmカラーネガフィルム。

 

最近はフィルムの価格が上がっており、1番おすすめのプロフェッショナルなカラーネガフィルム『Kodak Portra 400』なんかはかなりお高い…(それでも一度は買う事をおすすめします!)

 

Kodak Portra 400よりは安く手に入るKodak GOLD 200ですが、その特徴はレトロ感あふれる色味ではないでしょうか。

 

GOLDというだけに、少し暖色・黄色がかった印象を受けるフィルムです。

 

サムネイルにも使っているコーヒー牛乳のフィルム写真。こちらはKodak GOLD 200×Nikon F3×Nikkor 50mm f/1.4Sで撮影。

 

 

ビンの輪郭や比較的明るい部分でも、やや暖色・黄色がかった印象を受けますよね。

 

令和に撮ったとは思えない、どこかレトロな雰囲気が良いですよね〜。

 

Kodak GOLD 200×Nikon F3×Nikkor 50mm f/1.4Sの写真作例

 

さてここからは、

  • フィルム:Kodak GOLD 200
  • カメラ:Nikon F3
  • レンズ:Nikkor 50mm f/1.4S
で撮影したフィルム写真の作例をご紹介。

 

 

こちらは湘南・七里ヶ浜あたりで撮影。砂浜なんかは特に黄色が出ていますね。

 

 

江ノ島とサーファーを撮影。海の色はややエメラルドに、空模様も少し柔らかな印象を受けますな。

 

 

 

こちらは錦糸町にある銭湯『黄金湯』に行った際の写真。

 

 

肌の色なんかも綺麗に映し出されていますね。

 

 

オロナミンCとポカリスエットを混ぜたサウナー御用達のドリンク『オロポ』。もう蛍光色なみに光ってますねwww

 

 

 

木材や白を基調としたものに関しては、特に黄色がかったレトロチックな雰囲気を出してくれるかも。

 

 

 

こちらは家のレコード。いい色味出てますね〜。

 

 

たい焼きはもとより暖色だし、店の明かりも暖色なので金色の如し。

 

まとめ|Kodak GOLD 200を使ってみた感想

 

Kodak GOLD 200を使ってみた感想としては、ISOが200なだけに昼間の撮影の方がよりKodak GOLD 200の特徴を最大限に引き出せているのかなと思いました。

 

レトロな雰囲気のフィルムですが、暖色で黄色がかった色合いが懐かしさや暖かさを感じさせます。

 

残り9本もあるし、ガシガシ撮っていこーっと。

 

ちなみに執筆現在、装填しているフィルムは同じくKodakの『ULTRAMAX 400』です。

 

 

こちらも現像できたらレビューしようかなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。