Amazon/楽天で本当に買って良かった物

新GoToトラベルの今までとの変更点・違い|旧GoToよりお得になる方法

まさき

どうも、まさきです

 

「再開いつからなんだよ!」「復活するの?」「クーポンどうなるの?」などなど騒がれている、新たな『GoToトラベル』。

 

再開した際には、今までの旧GoToトラベルと比較して割引額や地域共通クーポンの額・%が変わってくるというではないか。

 

そこでこの記事では、再開を予定している新たなGoToトラベル・新GoToトラベルと旧GoToトラベルの

  1. 明確な違い:割引額や地域共通クーポンの額
  2. 新GoToトラベルのお得な使い道
  3. 旧GoToトラベルよりもお得になる方法

 

についてご紹介します。

 

新GoToトラベルと旧GoToトラベルの変更点・違い

 

新たに再開される新GoToトラベルと、旧GoToトラベルの変更点・違いは以下の通り。

 

旧GoToトラベル新GoToトラベル
割引率35%▶︎30%
割引上限額(宿泊付|1泊あたり)14,000円▶︎交通付き→10,000円|宿泊のみ→7,000円
割引上限額(日帰り)7,000円▶︎3,000円
地域共通クーポン(1泊あたり)旅行代金の15%▶︎平日→3,000円|休日→1,000円
(平日休日の定義は別途発表予定とのこと)
感染症対策

・ワクチン検査パッケージの活用
・旅行後2週間以内に陽性となった際の報告や
旅行中の行動履歴の記録

 

旧GoToトラベルに比べ、新GoToトラベルの方が割引率は低くなったように感じます。また、感染症対策の強化もされました(これだけで良いのかなと個人的には思いますが)。

 

ですが、使い方によっては旧GoToトラベルよりもお得になり得る方法があります。

 

新GoToトラベルのお得な使い道|旧GoToトラベルよりもお得になる方法

 

例えば平日1泊1万円の場合だと、

旧GoToトラベル

  • 旅行代金:35%オフで3,500円割引
  • 地域共通クーポン:15%オフで1,500円割引
  • 実質割引額は5,000円

 

新GoToトラベル

  • 旅行代金:30%オフで3,000円割引
  • 地域共通クーポン:平日なので3,000円割引
  • 実質割引額は6,000円

と、実質割引額としては新GoToトラベルの方が1,000円お得になります。

 

旅費と平日・休日利用の違いで新GoToトラベルの方がお得に

 

1人あたり1泊の料金で他の実質割引額を考えてみると、旅費と平日・休日利用の違いによっては新GoToトラベルの方がお得になるようです。

 

平日の実質割引額

旅費(1人・1泊あたり)旧GoToトラベル新GoToトラベル
5,000円2,500円4,500円
1,0000円5,000円6,000円
1,5000円7,500円7,500円
2,0000円1,0000円9,000円
4,0000円2,0000円1,0000円

 

平日の場合だと、1人1泊あたりの旅費が15,000円以内であれば、新GoToトラベルの方がお得になるようです。

 

休日の実質割引額

旅費(1人・1泊あたり)旧GoToトラベル新GoToトラベル
5,000円2,500円2,500円
1,0000円5,000円4,000円
1,5000円7,500円5,500円
2,0000円1,0000円7,000円
4,0000円2,0000円8,000円

 

ただし休日利用で考えると、5,000円以内であれば新GoToトラベルの方がお得になるようです。

 

なのでお得さを考えて利用したい場合は、平日利用で旅行を考えると良いでしょう。

 

まとめ

 

以上をまとめるとこんな感じ。

  1. 新GoToトラベルの方がお得になる場合あり
  2. 平日利用だとお得になる確率上がる
  3. 休日利用は5,000円以下でないと厳しい

少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。