Amazon/楽天で本当に買って良かった物

SpigenのiPhone12/Pro用ケース・フィルム、やっぱり最高だった

まさき

Spigenに首ったけ

ども、まさきです。

 

先日、LINEモバイル契約者なので5Gの恩恵は今現在受けられませんが、iPhone 7からiPhone 12 Proに機種変更しました。

 

 

その際に、iPhone 12とiPhone 12 Proに対応した6.1インチのスマホケース・ガラスフィルムも購入。

 

今回も今までiPhone 7のケース・ガラスフィルムで使用していた「Spigen」(シュピゲン)一択!!

 

(スマホリングは別売で買いました)

 

 

そこで今回は、iPhone 12 / iPhone 12 Pro用の

  1. スマホケース:Spigen ウルトラ・ハイブリッド ケース 6.1インチ
  2. フィルム:Spigen 2枚入 iPhone 12 / iPhone 12 Pro ガラスフィルム 6.1 インチ

レビューをご紹介。

 

  • 落としても画面が割れない(割れにくい)スマホケースが欲しい
  • 落としても割れない(割れにくい)フィルムが欲しい
  • 頑丈なスマホケースが欲しい
  • コスパ・口コミの高いスマホケース・フィルムが欲しい

こんな悩みや希望を持っている人にとって参考になれば幸いです!

動画ver.はこちら!

 

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

 

iPhone 12 / iPhone 12 Pro用のスマホケース・ガラスフィルムはSpigen(シュピゲン)がおすすめ!

 

 

iPhone 7からSpigen(シュピゲン)のスマホケースとガラスフィルムを使用しているので、かれこれ5年くらいは愛用しているSpigen。

 

スマホケース・フィルム共に何がおすすめかというと、ザックリ言えば

  • 頑丈
  • 汚れにくい
  • 使いやすい
  • カラバリ豊富

こんな感じです。

 

ということで、上記の特徴を一つずつ掘り下げてご紹介します。

 

Spigen(シュピゲン)のスマホケースの特徴1:とてもシンプルで文字などは最小限

 

 

僕が買ったSpigen(シュピゲン)のスマホケースは、iPhone 12 Proのグラファイトの色をそのまま活かしたかったのでクリアを購入。

 

 

ロゴや製造元の表記などは、上記の画像の様に最小限で気にならないくらいの大きさとなっています。

 

柄物あ好きではなく、シンプルなデザインでクリアカラーのスマホケースを買いたかったので、非常に良い買い物となりました。

 

Spigen(シュピゲン)のスマホケースの特徴2:衝撃吸収!エアクッションテクノロジーを採用

 

 

誤ってiPhoneを落としてしまった時の衝撃を出来る限り緩衝出来るよう、四隅で衝撃を吸収する「エアクッションテクノロジー」を採用。

 

落としてもデータを破損させたり画面を割らない様に工夫されています。

 

なお、iPhone 12シリーズの本体機能でもある「ワイヤレス充電」もケースを装着したまま使うことができます。

 

Spigen(シュピゲン)のスマホケースの特徴3:カメラも極力守るよう、高さを設けている

 

 

また、iPhone 12 Pro本体の薄さを維持しつつ、カメラレンズもしっかり保護出来る高さで設計。

 

両面とカメラレンズにフチが設置されており、カメラレンズを守ります。

 

Spigen(シュピゲン)のスマホケースの特徴4:ソフト×ハード素材を使用。米軍MIL規格取得で耐衝撃も◎

 

 

米軍MIL規格取得をしているケースなので、耐衝撃もバッチリ!

 

またSpigen(シュピゲン)の代名詞ともいえる、側面を”TPU”のソフトな素材で衝撃を吸収させ、背面は透明度が維持出来るハードな”ポリカーボネート”をハイブリッドした作りとなっています。

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

Spigen(シュピゲン)のガラスフィルムの特徴1:薄い・強い・滑らかの三拍子揃ったフィルム

 

 

続いて紹介するのはSpigen(シュピゲン)のガラスフィルム。

 

 

薄い・強い・滑らかという三拍子の揃ったスマホフィルムで、硬度9H以上で傷つきにくく、側面は曲面加工されています。

 

滑らかな手触りでガラスの厚さが気になりにくいので、本当にガラスフィルムなのか疑うくらい気持ちの良い使い勝手を実現しています。

 

Spigen(シュピゲン)のガラスフィルムの特徴2:汚れ・指紋がつきにくく、飛散防止で割れても安全

 

 

滑らかな作りになっていますが、汚れや指紋はつきにくいです。

 

撥油加工・飛散防止加工がされているので、万が一iPhoneを落としてしまって画面を割ってしまった際も、破片が飛び散ることは無さそうです。

 

Spigen(シュピゲン)のガラスフィルムの特徴3:嬉しい2枚入り。超簡単に貼れるのもスゴイ

 

Spigen(シュピゲン)のガラスフィルムは2枚入りなのも嬉しいところ。

 

また、とにかく貼るのが簡単で、ガラスフィルムを貼る際に空気が入ることは、どんなに貼るのが下手くそな人でもないでしょう!

 

Spigen(シュピゲン)のケース・ガラスフィルムの値段

 

 

ちなみにSpigen(シュピゲン)のケース・ガラスフィルムの値段は以下の通り。

 

  • スマホケース:Spigen ウルトラ・ハイブリッド ケース 6.1インチ→2,290円
  • フィルム:Spigen 2枚入 iPhone 12 / iPhone 12 Pro ガラスフィルム 6.1 インチ→1,299円

 

両方買っても4,000円以下で購入することができるので、かなりコスパ的にもおすすめできます!

 

◆Spigen ウルトラ・ハイブリッド ケース 6.1インチ

◆Spigen 2枚入 iPhone 12 / iPhone 12 Pro ガラスフィルム 6.1 インチ

 

動画ver.はこちら!

 

良かったらポチってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です